10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

寒い夜もデンシノウタヒメ 

寒い日々が続いています。総裁も先々週末に風邪をこじらせ往生しました。外に出る気力も湧かず、引きこもりモード。そんなインドアな時間を楽しく過ごすため、前回(このへん)以来、いいなと思ったり気になったりしたVOCALOID歌を紹介します。3月からNHKラジオ第1でVOCALOID歌を紹介する「エレうた!」という番組が始まるそうですし、VOCALOIDコンピ「ボカロネクサス」がオリコンアルバムランキングで週間1位になるなど、右肩上がりの流れは相変わらずのよう。ご興味ある方のお役に立てればと思います。


【初音ミク・GUMI】Did you call me?【オリジナル曲】(2010年09月11日投稿・週刊#155 80位)



30代以上を刺激するドット絵キャラに、冒頭から始まるミクとGUMIのハーモニー。お互いの声が相手を見事に補い合っています。最初の段階で「おお!」と耳を奪われ、単純だけど実はセンスがいいPVに心を奪われました。「冷たいモニタ越し」だけど「顔も名前も知らないぼくら」だけど「なんでも言えちゃう」。真っ暗な部屋にポッと明かりがついたような気持ちになります。シンプルだけど中毒性がある曲で、定期的に聴いています。これが作者(saculy=一旦保留P)の処女作だっていうんだから驚きます。


saculy氏のVOCALOID歌は3曲目までできました。少しずつ2人の話が進んでいます。3曲目ではとうとうドット絵キャラじゃなくなりました。

【初音ミク・GUMI】with you WORLD【オリジナル曲】(2010年12月26日投稿・週刊ランク外)



一転してアップテンポ。一癖ある曲調は健在で、美しすぎるハーモニーは進化しています。これからどんな歌を紡ぐのか、期待が膨らみます。


【巡音ルカ】_theBlue【オリジナルPV】(2010年09月15日投稿・週刊#156 12位)



突然の四字熟語攻撃と本能を解放するようなサビの歌詞。疾走感あふれる夏の歌です。初音ミクwikiの記事(このへん参照)で「縦読み」の意味を知り、さらに驚きました。徐々に背景の色がつく仕掛けは要注目。前回ご紹介したcher(このへん参照)と合わせて、フカクボリョウさんに魅せられました。一転ハートウォーミングな「【初音ミク】BIRTHDAY【オリジナルPV】」もオススメです。


【巡音ルカ】 オリジナル曲 『スプモーニ』(2010年08月29日投稿・週刊ランク外)



再生数こそ少ないものの、コアなファンが多いとされる涼風P。大人向けの落ち着く歌を導き出します。「包みこむような」と表現される方が多いのも納得です。作品はテーマ別にグループ化していて、「スプモーニ」は「BlueCafe」というシリーズの1曲。しっとりと、静かにコーヒーをすすりながら聞くのにぴったりです。休日の昼に聞きたい。同シリーズの「【初音ミク】 オリジナル曲 『SALA』」はもう少しPOPな感じで、こちらは休日の朝に聞きたい1曲です。


【初音ミク】ネトゲ廃人シュプレヒコール【ボトラー】(2010年10月15日投稿・週刊#159 2位)



ハイテンションな曲調と、何にも救いがない歌詞をこれでもかと叩きつける快感。「リアルの世界は明日も僕抜きで機能して回る」という部分に体の奥底にある黒いものがうごめきます。エライ人たちはコンプライアンスだ、モラルだ、道義的責任だとわめきたてますが、そういうことを強調する人って大概「お前には言われとうないわい!」と言いたくなる程度だったり、都合のいいときだけ「○○君のセンスと才能で何とかしてよ」と猫なで声を出したり…といったような「氏ねばいいのに」的な気持ちをスーッとさせてくれる歌です。アハ体験ならぬニヤリ体験ができます( ̄ー ̄)


【初音ミク】非実在青少年健全育成法【オリジナル・PV】(2010年11月29日投稿・週刊#166 4位)



先に書いておくと、総裁はエロ漫画を18禁規制すること自体に反対はしません。確かにワヤクソな内容の作品があります。ただそれを石原慎太郎がワアワア言うて規制することには強く反対します。最初は以下に理由を書こうとしましたが、止まらなくなっていつまでも続きそうになったのではしょります。ともあれ自分の意見に反論する人たちをバカモノ呼ばわりしちゃあいけません。というわけで同じ思いの歌を挙げておきます。いろんなしがらみなしで自分の思いを表現できるのもネット文化の長所です。


【初音ミク】 秘密警察 【オリジナル】(2010年11月09日投稿・週刊#163 2位)



なんて現職都知事の悪口を書いたら、総裁もこんな目に遭うかもしれない…といった作品です。冗談です。えいや!と畳み掛ける曲調と毒の効いた歌詞がクセになりそう。かっこいい仕上がりになっています。ともすればとんでもないことをやりかねない権力という存在を思い切り笑っちゃれという根性が(・∀・)イイ!! これまでヒットはだしていたものの再生数に恵まれなかったぶりるP。この歌が出世作になり、最初に紹介した「ボカロネクサス」に参加、メジャー進出を果たしました。朝から晩までお前を見うー!


【初音ミク】 まるくなる 【オリジナル曲PV付き】(2010年11月06日投稿・週刊#163 1位)



あまりささくれ立った歌ばかり続くのはアレなので、心穏やかになりましょう。「あらかわいい」系のPVに目を奪われがちですが、実は歌詞も趣深い。「私はまるくなる 誰かに転がされてころころ転がる 目的地もなく」でいいじゃないか。「倒れない 折れない 潰れることもないから」。小学校3,4年の担任だった先生も「丸い人になりんさい」と言ってたっけ。会社で尖った人たちに囲まれて、もっと尖ってしまっていた総裁。丸くならんにゃあね、とその先生を思い出しました。


【GUMI】モザイクロール【オリジナル曲PV付】(2010年07月15日投稿・週刊#146 1位)



2009年の発売からなかなかヒット曲に恵まれなかったGUMIが、2年目に花開きました。DECO*27さんたち有名Pが参戦し、この歌で初の週刊1位を獲得。今やランキングに欠かせない「門番」になりました。曲、歌詞、PVとも文句なしにかっこいい。ただ、ちょっと歌詞は分かりにくいかなあ。 詩的な作品ってそういうものだと分かっているけど。逆に「【初音ミク】むかしむかしのきょうのぼく【オリジナル】」みたいな分かりやすい前向きさも描けるんだから、やっぱりこの人はすごいんだなと思います。


【GUMI】 会いたい 【オリジナル曲】(2010年08月11日投稿・週刊#150 1位)



今回の〆は技術部門。歌詞は西野カナワールド全開=中高生向けですが、とにかくVOCALOIDソフトの調整(通称・調教)がすごい。まるで人間です。初めて聞いたとき腰を抜かしました。「【カバー】GUMIで「STEP TO YOU」」あたりも併せてどうぞ。


久々にやったので1回では紹介しきれなかったっぽい。UPしてから「あれも」「これも」と思い出すパターンです。近いうちに続きをやりたいと思います。
スポンサーサイト
芸能  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/647-15120da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。