06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

山男の道は険しい 

以前の更新(このへん参照)で書いた通り、4月、三瓶山に登ってきました。観光施設主催の山開き登山会に参加。ガイドさんがついてくださるので色々勉強できそうです。前日に大田まで行ってリュックを買ったのは先述の通り。事前に問い合わせたら「そんなに重装備じゃなくても大丈夫ですよ」と言われたので、ウオーキングに毛が生えた程度の格好で行きました。


早朝に家を出発。西の原から三瓶高原道路に入り、一気に山を登っていきます。登山会の受け付けに着くと…


みんなマジ装備!


山岳連盟みたいな格好をした人もいれば、雑誌から出てきたような森ガールまで。重装備じゃなくてもいい、って言ったの誰だよ(笑) 明らかに山をナメている格好&超体力がない総裁は3歳児もいる、一番ゆっくり登りそうなグループに入れていただきました。三瓶名物のオキナグサが咲く姫逃池を横目に、えっさほいさと登っていきます。

11052901

総裁のグループについたガイドさんは野鳥に詳しいらしく、素人には分からないぐらいよく似たさえずりを聞き分けて、「今鳴いているのはゴジュウカラです」「あれはヤマガラです」などと的確に解説してくださいます。一方で植物の方は、まだ枯れ木ばかりで冬の装い。山を登るうちに汗をかくかなと思っていましたが、それ以上に風が冷たかったです。900mを過ぎたころ、谷を見やると…

11052902

雪が残っとるし!! そりゃあ寒いわけです。ガイドさんによると、ゴアテックなる素材でできたコートだと風や水を通さないのに湿気は通すので、こういう寒い日の登山にいいらしい。てか、登山ファンの間では常識なんすよね(^^;


ふもとから1時間半、視界が一気に開けて山頂に着きました。

11052903

山頂は気持ちいいほど広々とした草原と広場でした。そんなに天気が良くなかったので出雲あたりを見渡すのが精一杯でしたが、久々の登山で相当な達成感を味わうことができました。


三瓶山は縄文時代までの、幾度に渡る火山活動で誕生、成長しました。支え合うように連なるほかの山々とは違って、平地にぽっこりそびえる「独立峰」。山陰では珍しい成り立ちの山で、珍しい動植物にも出会えます。最近は三瓶バーガーなるご当地グルメを売り出し、ドッグランができる広場も備えています。生活圏の近くにこんな面白い山があるとは知りませんでした。


かつては広島の保養地として直通バスが運行されていた三瓶。今後もたびたび訪ねてみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/670-76fa8e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。