06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

夏も終わりデンシノウタヒメ 台風逃避行10完 

真っ暗な部屋にきょうも携帯アラームが鳴り響きました。窓の戸を開けて外を見ると…何とか天気が持っています。TVを点けると引き続き山陰は大雨らしい。別件で益田の先輩に電話をかける機会があったので聞いてみると「あ、全然大丈夫よ」とのこと。というわけで、東京最終日は「乗り物とは違う趣味」にどっぷり浸かります。


毎度おなじみ「VOCALOIDM@STER」です。(それって何?という方は このへん 参照) このために休みを合わせました(^^; 広島勤務のときは週刊ランキングなどでVOCALOID曲の流れを追えていましたが、島根に転勤して以来すっかり疎くなってしまいました。そろそろ追いついておかないと、と思ったわけです。


会場は池袋のサンシャイン。JR駅から少し離れています。池袋って駅が入り組んでいるし、人も信号も多い。マニアックにバスでも使ってやろうかと思ってネットで調べると…都電の東池袋4丁目もサンシャインの最寄りなんですね。我が宿泊地・大塚からも乗車できるので好都合。というわけで都電初体験となりました。


「大塚駅前」電停は山手線の高架下にあり、微妙な暗さが広電五日市あたりと同じ雰囲気を醸し出しています。接近表示や路線図を眺めるうち、電車がやって来ました。時刻表なしで乗れる感覚は広電に近いですね。日曜朝ですが、座席がひと通り埋まるぐらいお客さんがいました。


車内は広電より少し小ぶりな気がしました(車幅は25cmぐらいしか変わらないのですが) 広い車椅子スペースがあるせいか、座席数が少ない印象です。大塚駅前を出ると急な坂をゆっくりゆっくり登って、住宅地の中をコトコト走ります。専用軌道ですが自転車ぐらいのスピード感。鉄道から不便な地域を「かゆいところに手が届く」ように走っているので、市内の主要交通として結構スピードを出す広電とは運行についての考え方が違うんでしょうね。



首都高の高架下が東池袋4丁目。電停からのっぽのサンシャインビルが見えたので道に迷うことはありませんでした。


10時前に会場着。既に長い長い列ができていました。スタッフの誘導に従って人の海に入り、少しずつ詰めていきます。幸い並んでいる時間帯は、雨が少しパラつく曇り空。風も涼しく、昨夏(このへん参照)に比べてかなり快適に待ち時間を過ごせました。今回も周りの女子たちの話が面白くて、聞き耳を立てるうちにスタート時間になりました。AMラジオはNHKしか入らない島根の山奥では貴重な娯楽番組「エレうた」(このへん参照)ですが、東京の人はあんまり知らないんだなあ。(「あれまだ聴いたことないんだ」と女子が話していました)




浜松町の都立産業貿易センターに比べると床面積は少し狭め。CDブースは歩きやすかったですが、じっくりと手に取ってみるお客さんが多いグッズブース周辺の通路は大渋滞が起きていました。お客さんが立ち止まる時間が長い分、人気Pのブースより人がたまるんですよね。今後の課題でしょう。あとGUMI、がくぽなどでお馴染みインターネット社のブースにいたコスプレ女子がかわいかったです。30男はときめきました(笑)


今回買ったCDはこのへん。


「Fever」samfree



samfreeという名前は知らなくても「ルカルカ★ナイトフィーバーの人」と聞けばピンと来るはず。新しいVOCALOIDソフトが出るたびノリノリのユーロビート曲をupされるあの方のアルバムです。ナイトフィーバーシリーズ(総裁命名)全曲に加え、ほかの収録曲もダンサブル。over30ならテンション上がること間違い無しの1枚です。帰宅後島根の山奥で聞いています。夜中の県道によく合うんです。


「~the黒猫ワイド~歌謡サスペンス」アキバヲタP



「伝説のいろはマスター」の別名を持つアキバヲタPのアルバム。伸びやかな歌声が特徴の猫村いろはが破滅的な叫びをこれでもかとぶつけてきます。上司にギャアギャア言われて心が折れたときでも、心に黒い炎を燃やして立ち直れるナンバーです(それはどうなん?というツッコミは置いておくとして) そう、戦わなくちゃね。


「the VOCAJAZZ vol.1」



「The Vocaloid Jazz sessions Vol.3」



となりどうしのサークルで別々のJAZZコンピを買いました。アニソンとか萌えに分類されがちで、非ヲタの理解をなかなか得られない傾向があるVOCALOID曲。でもこれなら車内のBGMでさりげなく流す→相手に少しずつ耐性を付けさせるが可能な気がします。晴れた日の田んぼ沿いを走りながら聞くといいですよ~。


「Endless Summer」こうはらP



昨夏ごろから活動を始めたPさんみたいです。今回のボーマス行きを決めて色んなクロースフェードを見る中で買ったアルバム。聞き心地がよいポップスで、さわやかな気持ちになれます。ジャケットのイラストみたいな、夕暮れ時間帯に初めて聴いたのでとても落ち着けました。「【巡音ルカ】Wonderful Season feat.巡音ルカ【オリジナル】」あたりはチェックしていましたが、Pさんを追うところまでは至っていませんでした。こういう発見があるからVOCALOID界隈は面白い。


「メガネディスコ」あつぞうくん



「Summer Time Summer Girl 2」



もちろんあつぞうくんのCDも買いました。今回もキラキラな仕上がり。広島の芸備書房店主から頼まれた分も買うとき「遠くから来たので友人の分もください」と話すと、「じゃあお友達も分もどうぞ」と名刺を2枚くれました。歌のようなとってもさわやかな人です。


「Isolation」磯P



BossDeath」(このへんも参照)「Dive'N'Arrive」などのカッコよさ全開の歌から「About Us」(このへんも参照)みたいにしっとりと胸に響く歌まで多彩な作品をupしてきた磯Pがついにアルバムを出しました。期待通りの出来栄えです。ボーマスにはご本人が売り子として参加。胸に付けた名札には年齢も書いてあり…総裁と同い年でした(^^; 色んな人生があって、色んな才能があるんだなあとあらためて思いました。


同人誌も買いました。特に気になっていたのがこの2冊。

11102201

VOCALOID批評・評論本です。クリティークの方はVOCALOIDソフト開発のAHS社長やVOCALOIDを頻繁に取り上げている雑誌「ゲッカヨ」編集長、学識者、重音テトマスターのデスおはぎPたちが寄稿。VOCALOID界隈で起きていることについて考えを述べています。ボーカオンは古川本舗さんとアゴアニキPのインタビューがメーン。Pさんたちの考え方や横の繋がりを垣間見ることができます。いずれも帰りの飛行機で読破。なかなかに読み応えがありました。


漫画も購入。上の写真の方は「over30に買ってくれ」と言わんばかりのキャッチコピーが並び、思い切り釣られました。このなつさはズルい(笑)

11102203

11102202

下の方は「成人向け」という文字がある通り、エロ要素があります。性的な内容というよりは下品でバカで、時々ホロっとくる話。鏡音リンに虐げられたり、シ○るシーンが出てきたりと鏡音レンにMVPをあげたくなりました(;´Д`)


あ、グッズも買いました。商業商品並みのクオリティですよ。てかどこで使おう(^^; ま、島根でカミングアウトしてもいいかなあ。

11102204




欲しい物がほぼ手に入り、昼過ぎにホクホクな気持ちで会場を後にしました。大塚のホテルに戻って荷物を引き取り、羽田空港へ。広島に着くとようやく台風が遠ざかり、雲間から秋の柔らかい日差しが伸びていました。久々の東京で旅分、バス分、VOCALOID分とたくさんの成分を補給しました。そしてあらためて友人たちの大切さを知りました。また行きます。


スポンサーサイト
旅・そのほか  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

東池袋4丁目は大塚方線路横に都バス(池86)の折り返し場が以前あったんですよ。サンシャインの中に池86の乗場が元はあって、渋谷発サンシャイン行だったのが、サンシャインビル内に乗り入れなくなって、都電電停横を池86が使ってました。現在は、池86は池袋駅東口までに路線短縮されて東池袋までは来なくなりましたね。あそこは、首都高下ですが、都電のよく言われる下町的雰囲気というか、路地裏感が、有楽町線乗り換えをすると強くアピールされますね。首都高とサンシャインビルの組み合わせの無機質感は国際興業のサンシャインシティ停の方がありますが、川越街道方の路線が中心のバス停で遠方の人には馴染まないでしょうねぇ。

URL | ぱす #A63dg/4k

2011/10/26 23:16 * 編集 *

>ぱすさん
東池袋4丁目についての情報ありがとうございました。ネットで見ると、電停の隣に比較的最近まで都バスの操車場があったんですね。情報ありがとうございます。都電は大塚からしばらく住宅地の中を走り、車窓が大都会に変貌したのでギャップに驚きました。三ノ輪橋まで乗るとまた違った発見があるんでしょうね。

URL | 総裁@管理人 #-

2011/10/29 12:14 * 編集 *

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/704-8651665d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。