03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

更地と都会 あまちゃん巡り再び2 

広島〜仙台は一時期話題になったボンバルディア機。CRJ700は70人乗りで、あっと言う間に人も荷物もすべて乗って飛び立ちました。幸い総裁の隣は空席。川の流れから岡山県真庭市の落合付近とみられる場所をすぎ、読書タイムです。

14050405.jpg

猛烈な雪山を越え、いいところまで読み進めたころ、降下体制に入りました。何でも風が強く揺れが予想されるそう。機長氏がマイクを握るまではよくあるケースでしたが、ただ風が強いだけの話にせず、地元で「蔵王おろし」と呼ばれる秋田から山形にかけての風であることなどを説明。単なる気象の乱れではなく「よくあること」と分かって安心し、勉強にもなりました。


そんな蔵王おろしを受けながら飛んでいると、窓の向こうに特徴的な山と湖2つ。残り時間から察するに猪苗代湖と会津磐梯山のようです。右側が会津若松市。JALツアーズ旬感旅行「青森〜鹿児島高速バスの旅」で通ったよなあとしみじみ(旬感の話はこのへん参照)。

14050406.jpg

どこまでも水平線の続く太平洋とまだまだ新しい更地の続く一帯が見えてきました。震災がらみでは福島やリアス海岸周辺がクローズアップされがちですが、仙台も大変な被害を受け、空港も一時津波で孤立したほど。東北の現実を思い知ります。

仙台空港は駐機場と搭乗口が少しだけ離れているため、バス移動。何やら趣深いカラーリングのクルマがきました。

14050407.jpg

まんまかなちゅうやん!(苦笑


さらに大阪市交通局名取営業所(仮称)状態になったり、

14050408.jpg

川崎市交通局名取営業所(仮称)状態になったり。心の目だと何かが見える痕跡まであって、どこに来たんだかな気分。

14050409.jpg

14050410.jpg

14050411.jpg

…あ、仙台空港も広島空港同様に快晴でした。バスの衝撃が強すぎて貼り忘れるところでした。

14050412.jpg

荷物を受け取って一服していると、12時15分発広島行きをご利用のお客さまは〜なんて放送が聞こえました。広島空港をわずか30分で折り返し、仙台空港でも同じ時間で折り返すとか! 効率化の極みをかいま見ました。

14050413.jpg

仙台空港鉄道の仙台行きがすぐにあったので乗車。窓を眺めていると、更地の中にやたら新しい家ばかりの団地が。さらに進むと更地エリアと古い家エリアの境目が見えました。

14050414.jpg

あの日のテレビ中継がアタマをよぎりました。滔々と畑や家並みを飲み込む黒い津波。空撮だったからこそ、まるで映画を見ているような現実離れした感覚になりましたが、地上から見たら…と想像するだけで胸が痛みます。


25分ほど乗って仙台駅に着くと、人とビルがあふれ、まるで何事もなかったかのように大都会が広がっていました。もちろん震災直後は停電、断水が続き大変だったと聞きます。この日はちょうど楽天のホームゲームがあるようで、ユニフォーム姿のファンたちが続々とシャトルバス乗り場へ向かっていました。

14050415.jpg

14050416.jpg

今回の旅では帰りにここへ寄るまで、もう都会は通りません。ヨドバシでSDカードリーダーを買い、ATMでお金を下ろします。「ある時に買っておく、おろしておく」という島根の山奥の発想がすっかりしみつきました。


昼メシの時間が少なくなったので結局松屋へ。東京では当たり前でも石見部にはない店なので、十分ありな選択なんです。GWのせいか、駅近くの牛タン屋はどこも大行列。ローカルのラーメン屋まで列が延びていました。旅慣れてくるとああいうのに食指が伸びなくなりました。


この先のルートを確認します。

14050417.jpg

昨年は仙台から高速バスアーバン号で盛岡、久慈こはく号で久慈と直線的に進みました。今回は趣向を変えて、あまちゃんで最初のナレーションや大吉さんが語っていたルートをたどろうと考えました。4月に全線復旧を果たした三陸鉄道を走破できるし、震災で大きな被害を受けた気仙沼線、大船渡線の列車代わりに走り始めたBRT(バス・ラピッド・トランジット)にも乗れます。


ただ、仙石線で一部運休が続くなどBRT、三陸鉄道への道のりは時間と手間がかかりますし、BRT自体もそんなに速くない。仙台からずっと海岸線をたどると、青森県境に近い久慈へなかなか着けず、肝心の「あま」気分に十分浸れません。


どこかでショートカットしよう、と高速バスを調べたら、ちょうどいい時間に仙台から気仙沼、大船渡へ行く便を見つけました。気仙沼駅で降りると18分ほどで大船渡線BRTに乗り継げるよう。昨年仙台~盛岡で高速バスに乗った時は、岩手県内から渋滞したので、大丈夫そうな予感。もし間に合わなくても三陸鉄道の始発駅・盛(さかり)でも降りられます。というわけで、広島の実家近くのコンビニで仙台駅~気仙沼駅の乗車券を買いました。


2週間前の段階でサイト「発車オーライネット」の空席常時は◎。当日朝でも◯だったので、案外空いているかもとたかをくくってました。発車時刻が近づいてもバス停前に4,5人だけ。いやあ、いい選択をしたもんだ。

14050418.jpg

ところが…県庁市役所前始発のバスが5分ほど遅れて着くと、どこからともなく人が出てきて、まさかの行列ぎっしり。予約制なので席は保証されていますが、してやられました。

14050419.jpg


もちろん隣の席にもお客さんがいます。乗れただけよしとしましょう。予約しただけで支払いをしていない人がいたり、何やら運転手さんとトラブった人がいたりでGWらしく面倒事連発。そろそろ発車かなと思った頃、運転手さんがマイクを握りました。


「本日は満席ですが、予約して来ない人が5人おられます。1人は気分が悪くなって乗られません」


これはいけません。車外スピーカーで何人かの名前を呼びましたが反応なし。「広瀬通一番町で乗られるかもしれないので、そろそろ発車します」と締め切り宣告をして扉を閉めました。12分遅れ。難産の発車になりました。やれやれ。
スポンサーサイト
テレビ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/729-12850696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。