10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

40歳のアニバーサリー 三江線フォトトレイン参加記3 

(今回の参加記シリーズは総裁以外の参加者の方から写真を提供いただいています。あらためて御礼申し上げます)

さあ、まずは昼ごはんです。行きの高速バスで簡単にサンドイッチを食べただけで、因原をうろうろ歩いたので腹が減っていまして(汗 3月に続いて、浜原と同じ美郷町にある「道の駅グリーロード大和」の特製弁当です。

弁当外観

じゃーん。

充実の弁当中身

美郷町が売り出している「山くじら」ブランドのイノシシ肉のどんぶりと煮しめ、厚焼き玉子など。見た目は小さめですがごはんがぎっしり入っていて、結構お腹がふくれました。味付けも総裁好みで大満足♪


記念イベント会場は浜原駅から広い空き地を挟んだ隣で、駅前に出店がなかったため、備北交通の方がツアー客に配っていると「これ売り物?」「どこで買えるの?」などと随分聞かれました。当方にも「これどこで買われました?」と。駅前にテント村への案内があればなお良かったのかもしれませんね。



体育館では神楽上演のほか、島根県観光マスコットキャラクターしまねっこ(溝口知事の言う「しまねっこさん」)のショータイムも。

しまねっこさん

ゆるキャラ総選挙に立候補しているため、完全に選挙戦モード。ダンスを披露して投票を呼び掛ける「街頭活動」を繰り広げました。美郷町のみさ坊や邑南町のオオナン・ショウも登場して、子どもたち大喜びのステージになりました。


入口付近では開業40年を記念した懐かしの写真展。

レアな写真展

こちらは大きなお友達が大喜び!

サボも

奥さん、まだ口羽が終点だったころですよ!

あの頃の口羽

口羽〜式敷開業記念なんてシーン。

口羽式敷開業

伝説の野井乗降場!!!

野井乗降場

1972年(昭和47年)の「47水害」では大きな被害を受けました。特に粕淵駅西側にかかる江川(ごうがわ)第1橋梁は流されてしまい、江の川西側に一時的に仮乗降場ができ、船で粕淵まで結びました。


バスクラスタ的に思わず見入る一枚も。被災直後の川戸周辺です。

47水害の川戸

そして全線開業当日。今だと怒られそうなぐらい線路際まで寄って、駅が喜びと感激に満ちあふれていました。

開業時の口羽

当時こんなにもたくさんの人が鉄路を待ち望んでいたのです。目を閉じると歓声が聞こえてきそう。


さらに個人蔵とされるスタフがいくつか。

スタフずらり

定期列車かと思いきや、15キロ制限って、災害後の試運転?

復旧試運転?

イベント列車っぽい分もありました。

イベント列車?

体育館の中では石見川本鉄道研究会が「Dangyo.K」さん発行の同人誌「三江線クルーズ」を売ったり、JR西日本商事米子支店が売っている寝台特急出雲のヘッドマークレプリカ(このへん参照)の紹介があったりと見どころ盛りだくさんでした…ただ、体育館の中は暑かった(^^;

出雲ヘッドマーク



外には沿線市町、特に美郷、邑南両町の味を並べたテントがずらり。美郷町は町議チームが出店し酒盛りをされておられました(笑

テント村

別のテントでは3月のフォトトレインでお世話になった「おおち山くじら」の方がイノシシ肉ソーセージを焼いておられました。もちろんこちらもおいしくいただきました。(この日は撮り忘れてしまったので、3月のフォトトレインでの写真を載せます…)

山くじらソーセージのイメージ

ミニSLコーナーも。駅名標がちゃんと「←三次 浜原 江津→」でした。

ミニSLしゅっぽしゅっぽ

ミニSL乗り場にはJR制服体験コーナーが。明らかに子ども向けのように感じましたが、猛者であるわが友人は堂々挑みました。

丸みを帯びた帽子

その丸みを帯びた帽子は…よいこのみんなは内緒だよ!

(JRの女性係員さんとちゃっかりツーショット写真を撮らせてもらっていましたが、係員さんの名誉のため省略w)

もちろんホームに停車中のキハ126も撮影会状態

撮影会状態

特別列車なのでヘッドマーク付きです。

江の川号のヘッドマーク

島根勤務時代、松江出張で時々このラッピング車両は見ていましたが、まじまじと眺めるのは初めて。

石見神楽ラッピング

いったんドアを閉めていましたが、発車時間がお客さんが続々とやってきました。ちょっとしたラッシュアワーです。普段のがらんとした浜原駅を知っているだけに思わず目を細めます。いつもこれぐらい乗っていたら、どんなデータが出るのかなあ。。

ちょっとしたラッシュ

特別列車が発車する13:29が近づいて来ました。

みんなホームへ行った後

ここでツアー参加者はバス組と特別列車乗車組に分かれます。ホーム付近には人だかり。

ホーム付近は人だかり

ちょっと寂しそうな人もいますが(苦笑

オオナン・ショウ寂しそう

セレモニーが予定より早く進んでしまい、テープカットをする知事、JR支社長、首長の皆さんが手持ち無沙汰になるハプニングはありましたが、発車直前、無事にはさみが入りました。

テープカット…

iPhoneのオッサンェ…(泣


というわけで、別の参加者さんから提供いただいた写真を。

ちゃんとしたテープカット

車内から見るとこんな感じ。座席が一通り埋まったようです。みんなで手を降って発車です。

テープカットを後ろから

もう1人の主役

手を振って発車

この祭りの間に会場の一角にある浜原隣保館では全線開業40年式典があり、三江線の愛称が「江の川鉄道」と決まりました。結構応募はあったようですが、長ったらしくて覚えにくかったり、口にするのも恥ずかしいようなトリッキーな名前になったりせず何よりです。炎上商法なネーミングより、末永く愛される方がいいですから。。
スポンサーサイト
旅・三江線  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/732-e7e0e014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。