08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

ゲリラ雪

  : 

下道(かどう)会総裁が「よしなしごと」をゲリラ雪のように、書くときは大量に、書かないときは放置気味に記します

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

社民支持vs自公民推薦 

滋賀県知事選挙が2日、投開票され、社民支持・新人の嘉田氏が自公民推薦・現職の国松氏を破って初当選を果たしました。

<滋賀県知事選>嘉田さん初当選 自公・民の相乗り現職破る


東海道新幹線・栗東新駅建設の是非が主な争点だったそう。


新駅建設費250億円のほとんどが地元負担。最近JR新駅を設けるときの典型例ですね。JR東海にしてみれば、駅間の長い米原-京都間に「こだま」「ひかり」の待避スペースができて、それなりにプラスだと思います。でも「お前らが作れと言いやがるから」というスタンスなんでしょうね。最近のJR新駅の典型例。


嘉田さんはこれを「住民は望んでいない」とし、建設凍結を訴えたそうです。「のぞみ」は間違いなくスルーでしょうけど、「ひかり」が停まるかさえも怪しいですね。停まっても東海道区間はひかりの本数が少ないので、使い勝手は悪そう。


山陽区間の厚狭や、いまだに駅前に空き地が目立つ東広島を見る限り、新幹線駅でバラ色の未来、というのは少々甘いと思います。しかも、滋賀県内は特急並みの速さを誇る新快速があり、京都・米原へ簡単に出られるわけで。


国内の大動脈が「通過するだけ」に納得できない気持ちも分かりますが、東海道本線の沿線地域からそんなに離れてない場所に作ってどないすんねん、と思います。


ただ、嘉田氏、選挙には当選できても、すでに着工した駅建設を停めるには(おそらく建設を推進したであろう)県議会を納得させなければなりません。青島幸男も都市博を止めるときに随分やられましたし、田中康夫はいまだに議会と対立しています。


おそらく地元経済界を巻き込んだ壮絶な抵抗が待っているでしょう。嘉田氏が突破口を見出すか、強い後ろ盾を得ねばならんことは間違いないですが、少なくとも選挙で投票した県民が支えない限り、建設凍結は難しいでしょう。


選挙は県政が変わる第一歩に過ぎません。変わるのはこれからです。もっといえば滋賀県民が変えていかねば、結局は「元のもくあみ」です。さてどうなりますか。
スポンサーサイト
ニュース  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://guerillasnow.blog49.fc2.com/tb.php/79-78134a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。